Telegram Messenger

2.1.6

パソコン向けTelegram Messengerのデスクトップバージョンはデスクトップ専用のアプリあらメッセージサービスの特徴や機能を提供します

2013年にはWhatsAppは既に世界を支配していました。しかもその支配は安定しており、Skype、LINEやKik Messengerのような他のライバルと比べてユーザー数に大きな違いを持つインスタントメッセージとチャットモバイルアプリケーションとなっていました。

しかし、その年にTelegram Messengerが登場しました。ロシア人の兄弟ニコライとパベル・ドゥロブによって開発されたメッセンジャーアプリケーションです。最初は携帯電話向けに登場し、その翌年にはマルチプラットフォームバージョンとしてWhatsAppに対抗するものとしてではなくWhatsAppとは違うサービスとして進歩してきました。実際Facebookが購入したこの巨大メッセンジャーアプリはテレグラムの特徴を真似るようになってきました

安全でプライベートなインスタントメッセージとチャットクライアント

そして確かにどんどんどんなサービスもよりセキュリティーを増やしていっていますが、これは大手の中で最初にメッセージの暗号化を導入したものです。なので完全にプライベートな会話を行うことができます。Telegram Desktopのおかげでデスクトップネイティブクライアントとして登場し、ウェブバージョンを使用せずにパソコンから起動することが可能なプログラムとなっています。

WhatsAppキラーと呼べるものがあるなら、それはこれです。

主な特徴

類似師の開発アプリで共通のたくさんの機能や特徴を持っています。Android向けAPK、iPhoneのようなiOSデバイスバージョン、MacOS向け、Telegram オンラインそしてLinuxむけのクライアントと同じ特徴を持っています:

  • 連絡先の方と会話しましょう。
  • 同時に5000人までのグループチャット。
  • 全てのデバイスで個人会話やグループ会話を同期できます。
  • 連絡先のリストになくてもニックネームを使ってユーザーを検索できます。
  • 様々なタイプやフォーマットのドキュメントを送信しましょう。
  • AESの256bits暗号化でメッセージを暗号化。
  • タイマーでメッセージを削除できます。
  • 履歴を含むファイルをクラウドに保存できます。
  • 開発者はAPIを使用d系マス。
  • あなた自身と会話可能です(ファイルを共有したりリンクを後で読むのに最適です)。
  • 拡散チャンネル。
  • 様々なタイプのサービスに使用できるボットプラットフォーム。
  • 絵文字やシールの送信。
  • デスクトップに通知。

間違いなくインスタントメッセンジャーで最高の一つ。

どちらが良いか Telegram、それともWhatsApp?

本当のことを言うとWhatsAppは最近大きな改革を進めており、それはユーザーがこのような他のアプリが提供していた特徴を求めていたからでしょう。しかしこのようなアプリケーションは非常に柔軟で、一つのサービスを選択したからと言ってもう一つが使用できない、というわけではありません。

しかし、こちらのアプリを使用する理由をお探しなら、以下にいつくか述べます:

  • 自動破壊可能なプライベートな会話。
  • 無料、常に無料で、広告無し、登録料なしです。
  • ファイルの送信サイズに制限はありません。

Telegramのシークレットチャット

この特徴はプライバシーの関連しておりもっとも評価されているものです。ポイントツーポイント暗号化でユーザー同士の秘密の会話を行え、キーを持つ受信者のみが会話を開くことができます。しかもそれを一度しか行なえません。イスラム国の兵士が使用したことがから大きな議論を呼びました。

結論として、このデスクトップクライアントは他のデバイス向けにあるのと同じ特徴を提供しますが、マイクロソフトのオペレーティングシステムに対応して提供し、完全に同期させることができます。

最新バージョンの新機能

  • ウェブの安定化の向上。
条件と追加情報:
  • アプリケーションに携帯電話の番号を紐付けする必要があります。
Telegram
今月
今日
21.4 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続