Windows Movie Maker

2012

Windows Movie MakerはMicrosoftが開発したアプリであり、動画をユーザー自身で編集することが出来ます。今すぐに Windows Movie Makerを無料でダウンロードしましょう。

最近、誰でもデジタルビデオカメラを所有しており、重要なイベントを撮影する、あるいは、日常生活の特別な瞬間を撮影することが出来ます。しかし、映像を撮影した後、何をしているでしょうか?エディターを使って動画をマウントし、DVDに書き込むことが出来れば、他に言うことはありません。Microsoftはそのための完璧なツールを用意しています。これは、シンプルで使いやすいWindows Movie Makerのおかげです。

Windows Movie Makerのメカニズム

以下の3つのシンプルな手順に従えば、このプログラムを介して動画を編集することが出来ます。

  1. 動画をキャプチャする: 動画、静止画像、オーディオ、または、曲をインポートすることが出来ます。このアプリが提供するリンク、もしくは、ファイルをドラッグ & ドロップすることで、このタスクを実施することが可能です。
  2. 動画を編集する: 特に好きな部分を選び、Windows Movie Makerのタイムラインに次々に配置していきます。画像のエフェクト、切り替え、字幕を加えることも出来ます。
  3. 動画を仕上げる: 動画の準備が整ったら、DVDに記憶する、もしくは、Eメールで送信することが可能になります。

動画制作のマジック。

Windows Movie Makerは、ユーザーを選ばないと言うアドバンテージを持っています。動画編集に関する特定の知識は全く必要ありません。インターフェースはとても直感的で、プロセスを大幅に簡単にしてくれます。さらに、動画のパーツを結びつけるための各種の切り替え、そして、画像の見た目を改善するエフェクトを用意しています。Windows Movie Makerを使えば、休暇中に撮影した写真を使い、プレゼンテーションのように音楽付きの動画を作成することが可能になります。

それでは、Windows Movie Makerを使って、簡単に自分だけの動画を作成しましょう。

条件と追加情報:

Window XP、および、それ以前のOSでは使用することが出来ません。

Microsoft
1年以上前
今月
1.2 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続